2015年12月20日

岡崎選手の活躍でレスターが首位を死守!


AFPが報じるところによりますと、19日に行われた15−16イングランド・プレミアリーグで現在首位のレスター・シティと3位のエバートンとの首位攻防戦で、日本の岡崎慎司選手が属しているレスターが敵地グディソン・パークで岡崎選手のシュートを含む活躍により3−2でエバートンに勝利し、首位を死守しました。

最初に得点を奪ったのはレスターでした。
岡崎選手がペナルティエリア内でエバートンのラミロ・フネス・モリに倒されて手にしたPKをマーレズが落ち着いて決め先制。

しかし、その5分後にエバートンの好調のロメルー・ルカクがゴールを決めて同点に追いつかれる。

後半に入って19分後、今度はレスターのジェイミー・バーディがゴールキーパーに倒されて得たPKをものにして再びリードを奪い、その4分後にはエバートンのクリアボールを拾ったバーディーがパスを出すと、これを受けた岡崎が力強いシュートをゴールに突き刺し、チーム3点目を挙げました。

エバートンはロスタイム直前に1点を返しましたが同点に追いつくことができず、レスターが逃げ切っております。

日本の岡崎選手の活躍で、レスターは首位でクリスマスを迎えることができたようです。


《イングランド プレミアリーグ ベストシーン100 [DVD]》

イングランド プレミアリーグ ベストシーン100 [DVD] -


 
posted by ギュウタロー at 12:42| サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
八ヶ岳の夜明け.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。